1992年の貸金業法改正

1992年の貸金業法改正

 

1991年に貸金業法の改正が行われてから、

 

貸金業が大きく変わったかというと、

 

それ程の変化はありませんでした。

 

ただ、時代は大きく動きます。

 

バブル崩壊です。

 

このバブル崩壊で、大きく日本の経済は変動しました。

 

1992年頃に本格化したバブル崩壊の影響は、

 

当然貸金業にも多大に現れました。

 

貸金業法も新たな改正が試みられるようになっています。

 

同時期にノンバンクによる金融不祥事問題が多発しています。

 

ノンバンクの経営破たんも増えた事で、こういった観点からも改正が行われたのです。

 

1992年の改正では、貸金業者に対して健全な運営を促すための法案が成立しました。

 

事業報告書の提出を求めるという権限を発動させるといった程度で、あまり大きな進展はなかったと言えます。

 

土地だけでなく株式についても、

 

貸付け実態の把握、適正化が行われるという動きを見せた事で、

 

その後に繋がる改正ではありました。

 

この時期はバブル崩壊によって日本経済が大きな混乱を見せていたので、

 

さらなる貸金業法改正に踏み込むには至らず、この後かなりの空白の時期が生まれました。

 

次に改正が行われたのは8年後の2000年です。

 

それまでは具体的な改正はなく、

 

カード問題を始め、様々な貸金業における問題は放置されたまま、8年間という時間だけが過ぎていきます。

 

タイミングもよくなかったのですが、

 

この空白の8年間は勿体無かったといえますね。