2006年の貸金業法改正その1

2006年の貸金業法改正その1

 

貸金業法改正は、平成に入ってから

 

段階を踏んで何度も行われてきました。

 

最終段階となったのが、2006年に行われた大々的な改正です。

 

2006年の貸金業法改正で、貸金業法がようやく正式に機能しました。

 

2003年の段階で

 

『貸金業法は3年を目処として見直しを行う』

 

という事が宣言されていました。

 

この2006年の改正は予定通りでした。

 

その内容はこれまでにないほどヤミ金融への対策や貸金業法の穴に対して踏み込んだものです。

 

ようやく本当の意味での改正がなされたと言えます。

 

その貸金業法の改正内容はかなり多く、

 

一度に全て変えていくのは難しいことから、段階を踏んでの施行となったのです。

 

あらゆるトラブルを防ぐ為には仕方がない処置といえますね。

 

改正された内容としては、何といっても金利の適正化です。

 

上限金利を引き下げ、グレーゾーンの撤廃です。

 

2006年、最高裁判決を契機に、貸金業規制法施行規則の改正を行った結果、

 

グレーゾーンをなくすという事が正式に発表されました。

 

実際に実施されるのは2009年末です。

 

反映されるには結構な時間がかかってしまうことになりました。

 

金融業者も、この時期までギリギリグレーゾーンを続けるのは会社のイメージを損なうと判断したようです。

 

改正が宣言された事を受けて、

 

早めに上限金利を引き下げようという動きも活発化した結果、

 

金利を少しでも低くするという競争が見られるようになったのです。