暴力的な態度の取立ては禁止事項

暴力的な態度の取立ては禁止事項

 

貸金業法が2006年に大きく改正されました。

 

これまで苛酷な取立てを行っていた貸金業者は、

 

これまでのような方法で取立てることはできなくなりました。

 

ただ、未だに旧時代の方法で取立てを行う悪徳業者も少なくありません。

 

ドラマや映画の影響もあり、

 

こういった苛酷な取立てはどこか貸金業者の代名詞的な意味合いを帯びています。

 

その為に「これが当たり前」と認識している貸金業者が多いです。

 

債務者側は、そういった債権者側の取立てが当然であるという認識が未だ根強いのも事実です。

 

貸金業法改正の事実をまだ知らないという人も結構います。

 

債務者は、返済する為の努力を惜しんではならない一方で、

 

自己防衛の為にそういった取立てに対して異議申し立てができる事を知っておきましょう。

 

例えば、『暴力的な態度』に関しては、全般的に禁止事項です。

 

暴力を振るわれるという事はまずありません。

 

しかし、ドアを強く叩かれたり、玄関の壁を叩かれたりすることはあるかもしれません。

 

こういった行為に関しても、『暴力的な態度』に該当します。

 

このような態度をとられた場合は、速やかに専門家に相談してください。

 

また、大声をあげたり、荒々しい言葉で請求する事も禁止対象です。

 

大声に関しては、周囲の目というものに対して大きな影響があります。

 

取立ての際、大声で自身が借金している事実がわかる内容の言葉を向けられた場合、

 

専門家へ相談する事をお勧めします。