貸金業法とキャッシングの今後の動向

貸金業法とキャッシングの今後の動向

 

貸金業法の改正で、かなりの制限が設けられました。

 

借金をする消費者にとって、

 

キャッシングをしてもらう債権者にとっても、

 

不自由を強いられるということです。

 

キャッシング被害がどの程度減っていくのかは、

 

今後しっかり観察していく必要のある結果項目です。

 

キャッシングは、本来困った人を助ける為の社会的システムです。

 

現在では、困った人をより困らせる為のシステムともいえます。

 

当然使い方しだいですけども。

 

日本自体、借金を数多く抱えている中で運営されている国です。

 

国債も多くありますし、収入よりも支出のほうが多いですからね。

 

その中で、

 

国民も借金で困るとなると、本当の意味で借金大国といえます。

 

貸金業法の改正は、そういったネガティブな思考を断ち切るという意味でも必要なものでした。

 

ある種の景気対策とも言えます。

 

今後、この改正によって効果があると立証されると、

 

さらなる貸金業法の改正が行われていくでしょう。

 

貸金業者もそれなりに対応に追われます。

 

システムはより複雑化していくことに繋がる可能性がありますよね。

 

いわゆる「法の目をかいくぐる」という手法です。

 

今度は貸金業法の方もどんどん複雑化していく可能性は否定できません。

 

新たな問題として勃発してくると、別の意味で消費者が苦労する事になるかもしれませんね。

 

いずれにせよ、借金の形態は今後もどんどん変わっていくことが推測されます。

 

貸金業法はできるだけわかりやすい取締りをして欲しい所ですね。