債務整理依頼の無視は禁止

債務整理依頼の無視は禁止

 

借金をした場合、しっかり計画を立てて返済すれば恥でも何でもありません。

 

実際、そういう考えは既にだいぶ浸透してきています。

 

最近ではキャッシングを行う事に抵抗のない人も増えています。

 

きちんと返済する計画が立っていれば、

 

それは自己判断に伴う行動なので、大きな問題とはなりませんね。

 

中にはそういったキャッシングを行っていく事で、悪徳業者に捕まる人もいます。

 

人生を揺るがす大問題に発展する事になるので情報収集はしっかり行って下さい。

 

貸金業法の改正で取り締まりはかなり厳しくなりましたが、

 

元々貸金業法をはじめとした法律を遵守していない悪徳業者にとっては、あまり関係のない事です。

 

容赦なく法外な金利を要求してきます。

 

そうなった場合、弁護士や司法書士に依頼、相談して債務整理をしてもらうことになります。

 

今後収入の見通しが立たず、どんな方法でも返済が不可能と判断されると、

 

自己破産という事になります。

 

ある程度収入の目処が立っている場合は、債務整理という形がとられます。

 

債務整理は、弁護士や司法書士が債権者と債務者の間に入って、

 

債権者と話し合いをし、この額なら返せる、これで手を打ちませんか、と打診する行為です。

 

当初請求されていた額から大きく縮小した返済額となるケースは非常に多いです。

 

相手が悪徳業者の場合は支払いをしなくて済むケースも出てきます。

 

債務整理、相手に大きな非がない場合では、

 

返済額が大きく減るケースが多々あります。

 

どうしても返済ができないという人は、まず専門家に相談しましょう。

 

ここで問題となるのは、債権者がこの債務整理を無視し、取立てを継続した場合です。

 

債務整理の請求をしている段階では、取立ては禁止事項となります。

 

債務整理を無視すると貸金業法違反となるので、

 

その時点で悪徳業者とみなす事ができます。