債務者以外への取立ては禁止

債務者以外への取立ては禁止

 

借金を背負うと、基本的には返済の義務があります。

 

中には返済をなかなかできないという状況に追い込まれるケースも。

 

そういう場合、債権者は債務者に対しての取立てはもちろん、債権者以外への取立てを行うというケースがかなりあります。

 

悪徳業者は、法外な年利を設定しています。

 

それを要求する事がよくありますが、その金利を支払えない場合も、このような債権者以外への取立てが行われる事があります。

 

対象は、家族や親戚、友人、同僚です。

 

こういう行為も、よくドラマなどのフィクション作品で目にする機会があります。

 

昔、このような行為はかなり頻繁に行われていました。

 

現在では貸金業法によって禁止されていますが、この件は今も結構行われているようですね。

 

貸金業法における取締りをさらに強化すべき点です。

 

債務者以外への取立ての中でも、特に厄介なのが親や祖父、祖母への取立てです。

 

兄弟や親戚、友人は、基本的にいくら取り立ての電話やメールなどが入っても、相手にしないでしょう。

 

もちろん迷惑行為にはなりますし、同時に借金の事実の漏洩に繋がるので、

 

債務者にとっては辛い行為となります。

 

悪徳業者にとってはそれが狙い目なので、回収はあまり考えていないというのが実情でしょう。

 

ただ、親や祖父、祖母に関しては別です。

 

責任感や情から、言われたとおりの金額をそのまま返してしまうケースが多いのです。

 

その為、悪徳業者は親などへの取立てに関しては、かなり頻繁に行う事がよくあります。

 

自分が不当な金利での取り立てにあっている場合、

 

その旨を周囲の人に伝える事も、周囲の人への迷惑を緩和させるという意味では重要です。

 

貸金業法に違反している行為だと言えば、たいていの人は理解を示してくれるでしょう。